(3/13追記)【5/1オープン予定】福祉施設「輝かみいいの」の建築が進んでいます

2023年9月1日に地鎮祭を行った、小規模多機能型居宅介護施設「輝かみいいの」の建築が進み、外観・内観が出来上がってきました。

 

2024年2月13日時点

 

建築中の正面玄関

メインスペースとなる居間・食堂エリア

 

2024年2月29日時点

厨房に食器棚が入りました

ピカピカのトイレ

利用者が寝泊まりする居室スペース これから寝具が入ります

洗面台

洗濯場 これから洗濯機が入ります

スタッフの作業スペース

 

とやま生協「輝かみいいの」は、通い、訪問、泊りなどのサービスを自由に組み合わせて利用できる小規模多機能型居宅介護の施設です。

「住み慣れた地域で安心して元気に暮らし続けられる」地域社会を目指すための拠点として、2024年5月1日のオープンを予定しています。

 

所在地:富山市上飯野14番3

 

 

「生協10の基本ケア」に基づき、利用者の生活動作の維持・向上を目指します

とやま生協の介護では、誰もが持つ「自分らしい『ふつうの生活』を送りたい」という思いに寄り添うことが大切だと考え、尊厳を守る、自立を支援する、自分らしい在宅生活を支えることを大切にしています。

「生協10の基本ケア」は、日常の生活行為そのものをリハビリと捉えた10の取り組みをまとめたものです。「床に足をつけて座る」「あたたかい食事をする」「町内にお出かけをする」などの生活行為を通して、利用者やご家族の「ふつうの生活を送りたい」という想いに応えます。

 
とやま生協の福祉・介護サービスについて、詳しくはこちらをご覧ください。
お知らせ一覧に戻る expand_more